生まれ育った地で、みかんを売ること


いつかの抹茶シフォン。綺麗に型外しをしたいもの、、、

みかんの収穫、出荷が始まって、一ヶ月が経ちました。

いやはや、もう11月。すっかり寒い、と思いきや、

うちの旦那はまだ半袖ー。ななやんもめっちゃ腕まくりするー。

あれやこれやと動き回っているとまだまだ暑い日中。

世間はもうクリスマス。!

 

今年から阪急オアシスとイズミヤさんに出荷するようになって、

私らのみかんが次の日には大阪で売られとんやなーと

しかも、手にとって買ってくださる方がたくさんいるんやなーと

間接的な販売だからこそ、実感が湧くような、わかないような、、。

本当に消費者の皆さまには、感謝です。

嬉しかったのは、阪急で手にとってくださった方が美味しかったからといって、

直接ご注文くださったこと。嬉しいなぁ。

きっと、数あるみかんを食べはって、それで選んでくれたのだから。

その期待に応えたいし、もっと美味しいものを作ろうと思える活力になる。

 

選ばれる時代に生産している私たちにとって、

いかにごごにゃん中毒にさせてみせるか!魅力を発信できるか!というのはキーワード。

今日より明日、明日より明後日、毎日が経験と反省と、、、

考えることは尽きませぬな。

 

そんな今週は私ごとで、ちょこっと地元に帰ることに。

しっかり、偵察と営業もしてきますyo

551の豚まん、楽しみやなぁ〜。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

美味しい記録