パリ・ブレスト


前回の更新から半年以上が経過し、いつの間にか年も変わっていました。

気まぐれですから許してくださいね。

 

何を書こうかなぁ、お菓子のことがいいなぁ、とぼんやり考えていて過去の写真を見返すと、

とてつもない量のお菓子の写真が出てきて、あれまあ、どうしましょう、と

2020年に作り納めたパリ・ブレストを紹介します。

パリ・ブレストは、フランスの都市である「パリ」と「ブレスト」間を走る自転車競技の開催を記念して、車輪をイメージしたお菓子として考案されました。

開催された初めての年は1891年で、なんと現在も4年に1度開催で続いている、世界最古の自転車競技なんだそう!

どれくらいの距離かというと、なんと1230km.

日本でいうと、愛媛からの北海道あたりでしょうか、、

ナミビアでいうと、オプヲからキートマンくらいやね!

とてつもない距離だね。

 

さすがお菓子の国おフランス。

記念に自転車の車輪をイメージしたお菓子を作るってのは、かっこいい。

 

本題に戻りまして、

パリ・ブレストは、リングシューに、プラリネ(キャラメリゼしたナッツを砕いたもの)クリームがたっぷり入ったものが定番です。

そんなわけで、遅いクリスマスケーキに作ってみました。

今回は、サクサク水だけのシュー生地に、

きびカスタードときびクリームのダブルクリームに、フルーツたっぷり。

見た目は豪華になりました〜少々食べづらかったので、

やはりシュークリーム、クリームを食べるならば、いつものまあるい形状が一番だね。

でも、何かお祝いしたり、プレゼントするには、見た目が華やかになるからいいかも。

何より、シュー生地は忙しい人の味方ですから!

また作ろー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

伊予柑が始まりました