• 離島から世界に挑戦中!

    暮らしがガラリと変わって、はや4ヶ月。

    朝起きて、畑行って、お昼ご飯を一緒に食べて、畑行って、夜ご飯を一緒に食べて、寝る。

    農家として、自分たちで生産したものを販売して暮らす。

    ああーーーーー不安だーって気持ちは常に少しはある。

    だって、農業初心者やもん。

     

    でも、今は、ああーーーーー幸せー、純粋に、この暮らしが好きになった。

    余計な情報が一切ない島で、島人たちと繋がり、山や海で採れたものを食べて、

    畑で汗を流して、何より家にいて会話する人がいる!

    おかげさまで独り言と鼻歌が減りました。

     

    暮らす場所や生活スタイルが変わるだけで、心もこんなに変わるんやな。

    ナミビアでも同じやったか。

    よく考えたら、随分キョーレツな田舎町でした。OPUWO.

    彼らもまた、5民族くらいに分けられる。

    2年間で、すっかりヒンバ族公認ヒンバガイドになりました。

     

    2年間で帰るとわかってはいたものの、

    最後にと人々とのお別れが猛烈に寂しかった。

    それだけ、私が根付いていたという証拠やったと思う。

     

    今回は、生まれ故郷の日本内だけれど、実家とは違った場所に、ずっと住む、ということになる。

    おそらくね。

    言葉も通じるし、日本食も食べるし、だけど、都会にいた時に感じていた物足りなさを

    全然感じなくなったのは、きっとこの島暮らしがあっているからなんでしょう。

     

    今晩は、農協のお祭りがあります。ので行ってきます。

    明日の花火大会は台風で延期になっちゃいました。

    楽しみにしてたのにー

    でも、我が子たちにとっては、恵の雨。

     

    最後に、特別サービスショット。

    たまたまユウさんのいるルンドゥに遊びに行った時、カバンゴさんと共に。

    将来フーフになるなんて、1ミリも思ってなかった時代。人生恐ろしい。

     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です